スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬこたんの話①

ちょっと長いかも?
よければお付き合いくださいませ。

我が家には現在 1匹の黒猫がいます。
3年ほど前でしょうか。
どこから来たのかは知らないですが
ちいさな、ちいさな黒猫兄弟が2匹いました。

片手で1匹ずつ軽々と抱えられそうな。
生後2カ月くらいとみられる2匹。
どっちが兄さんでどっちが弟なのかは
いまだにわかってないけれど
野良として生きていくにはかなり頼りないほど
彼らは痩せこけていました。

片方が見張りをしている間、
もう片方が休むという様子
1日の食事も宿もなさそうです

最初みかけたとき、「家で飼えないか」と
思ったのですが、当時すでに飼い猫がいて
さすがに難しいか、と諦めて
せめて食事だけでもと ドライフードをあげてみたり。

その後隣の祖母宅に行くと、
「黒い猫を見なかったか」と憤る祖母。
事情を聞いてみると、
黒猫が2匹 家の中に入っていて
箒でたたき出したのだとか。
「マズイ、外敵が1体身近にいる(失礼)」と思い
「いやぁ、見てないけど」とその時はすっとぼけておきました

しかし夕方になって 黒猫2匹と構っていると
扉が開いて 祖母の声が。
「ヤバイ!」本能的に2匹を抱えて
自宅の2階にある自分の部屋に逃避。
階下では祖母が両親に猫情報や様々なことを
語りにきて 去って行きました。

ふう、と息をつくと いつのまにか
2階に上がってきていた母が2匹とご対面
(ウチは基本的に猫擁護派です)

「まあ、かわいいねえ。でも、うちには海(以後カイ)(飼い猫)が
いるからねぇ」と言いつつ和む母。
私は「里親応募をかけてみるから、それまで保護できないか」
と両親と相談しました。

さて、カイの方ですが 最初は反抗心むき出しでした。やっぱりね。
でもそのうち、慣れたのか妥協したのか、
朝起きて何気なく足をのばすと むにゅっとした何かに当たり。
両側には猫2匹が寝てる。
なんというフォーメーション。
2匹が遊んで遊んでと行くと「ちょっとだけだぞ」と構う辺り
カイも悪い気はしてなかったのでしょう。

ところで祖母のことですが
翌日ばれたよ!wwww
祖母はしばらく口を聞いてくれませんでした
しかも近所の方が「ここなら飼ってくれるだろう」と
他力本願といわんばかりにウチまで誘導してきた、
今なら元の場所に返せるがとワザワザ訪れてきた時点で
ワレノイカリ チョウテンニタッセリ
何ていったっけな、資料がない
「他力本願で連れてきておいて責任の取り方が
それですか!!いい加減にしてください!」
みたいなことは言ったような気がします。

あまりに祖母がひきこもるので恥ずかしながら
私のメンタル+発作(この時軽度PDだったので)が出て
錯乱。それを見た祖母はようやく事の深刻さを悟ったようです
猫2匹についても、数か月でまるでひ孫ができたかの
ようにベッタベタに可愛がるようにw

3匹になったぬこたち、そして迫りくる未来・・・(続く)

ぬこたんの話②
(2011/06/20 UP)

コメント

Secret

プロフィール

さおとめトリ

Author:さおとめトリ
寝たり起きたり遊んだり。
ゲーム大好き

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコプロフィール
pixiv
pixiv
テイルズブログリンク衆
いろいろリンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。